都市を形成する多くの建築物は、
主に公共施設や事務所ビル、集合住宅が占めています。
これらの建築物に対して公共建築物等の耐震補強に導入された従来のブレース構造と違い、
新工法は変わらない外観と居ながら施工を可能にした、
新しい高機能耐震工法がハイパー[HI-PER]耐震工法です。
強度および靭性(ねばり)の双方を兼ね備えた強靭な耐震性能が得られ、
また地震による揺れを抑制する制振性能も期待されます。
本工法は、建物の耐震改修として使用する以外に、新築建物の永久型枠として、
耐震性の向上のために役立てる可能性も有しています。
その他、巨大津波に対応する耐津波建築を構築することも可能で、その適用範囲は広く、
本工法が高機能化された構造性能を発揮し、
建築物の安全性が向上する事により安心して住むことができる環境づくりを実現し、
社会に役立つことを強く期待している次第であります。