スムーズな耐震補強を実現する5つの特長

当工法は、従来工法で必要とされた費用や期間、また施工条件を大きく軽減。
これまでは補強が難しかったケースでも短期間、省コストで耐震施工が可能です。

  • 居ながら施工
    重機の使用が不要のため省スペースでの施工が可能となり、職場業務への影響を
    最小限に抑え、安全性確保も容易。建物を使用しながらの補強施工です。
    外付け補強タイプは室内に立ち入ることなく、生活環境を守りながら外部からの作業ができます。
  • 強耐震性能
    鋼板巻立による建物の強度(剛性)と繊維巻付けによる建物の強度(靭性)の双方の⾧所を
    同時に組み合わせて、建物を守る工法です。
  • 多機能性
    通常はコンクリート柱、梁へ適用するケースが多いが、建物の各部形状に応じた施工が
    可能なため、個々のケースに合わせた最適なプランを提案できます。
  • トータルコスト削減
    居ながら施工のため退去費、代替施設の費用、工期短縮による経費等、
    トータル工事コストの大幅な削減が実現可能なコストパフォーマンスの高い工法です。
    全国の耐震改修補助制度のあるほとんどの自治体で補助金の利用ができます。※一部適用外の地域があります。
  • 短工期
    効率的な作業のため、作業時間に融通性が計れ、最小限の工事で工期の短縮ができる工法であり、
    経費の大幅な削減が可能です。

建物用途にあわせて施工可能な応用力

  • 店舗(全周巻きタイプ)

    事務所(全周巻きタイプ)

  • 店舗(全周巻きタイプ)

    店舗(全周巻きタイプ)

  • 病院(外付けタイプ)

    病院(外付けタイプ)

  • ホテル(全周巻きタイプ)

    ホテル(全周巻きタイプ)

  • 学校(全周巻きタイプ)

    学校(全周巻きタイプ)

  • 共同住宅(外付けタイプ)

    共同住宅(外付けタイプ)